おすすめの時計のベルトの選び方

お気に入りの腕時計ベルトが劣化したり汚れが目立つようになったらそろそろ交換の時期かもしれません。高価なものだと正規品しか使えないと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。専門店では、カラフルなものやデザイン性の高いものなどバラエティーに富んだ品ぞろえです。ただし、どんなものでも交換ができるかと言えばそうではありません。一部特殊な形のものなどは交換が難しいのですが、それ以外のものはいくつかのポイントを押さえれば好きなものを選ぶことができます。インターネットなどでも購入は可能ですが、判断が難しい場合は専門店に持っていけばすぐに対応してもらえるので、一度サイズなどをチェックしてもらうとその後の交換の時にも役立ちます。ファッションを着替えるように自由に楽しんでみましょう。

ここだけはチェック、サイズと取り付け部分

まず、時計のバンドには各部分に名前がついています。一番大事なのが本体につなげる部分のラグ幅です。ラグ幅はベルトの最大幅以下でないと取り付けることができませんので購入時には注意しましょう。その反対部分が尾錠幅といい、段々と細くなっていく中の最小値になり、尾錠、Dバックルを付ける部分になっています。Dバックルも同時に交換する場合は気にする必要はありませんが、正規品と取り換えたい場合はきちんと控えておく必要があります。注文したり、お店で見つける場合はこのラグ幅と尾錠幅を伝えておくとスムーズです。サイズ表記は通常「20-18」などとなっていて、これはラグ幅が20mm、尾錠幅が18mmということになります。また、Dバックルの形状によってはベルトの穴にそぐわないこともありますので、細かなところもチェックして購入するようにしましょう。

素材やデザインを好みに合わせてカスタマイズ

腕時計の印象はベルトで大きくかわります。革製は落ち着きがあり、大人の印象ですが、メタル製はスタイリッシュでクールなイメージです。レディースでは細めが人気ですが、ブレスレットタイプもあればカラフルな革製も女性らしさがでます。一般的にメタル製の方が長持ちし、清潔に保ちやすいと言われています。しかし、革製よりも重く、カチャカチャと音がするのが煩わしいと思う人もいるようです。革製は1年ほどで劣化してくるため、こまめな交換が必要になってきます。コストはかかりますが、時計の印象をガラッと変えるチャンスと思えば、新品を購入するよりもリーズナブルになります。大切に使えば長き楽しめるアイテムですので、使う頻度や場所を考えてぴったりのものを選ぶようにしましょう。

サイトで時計ベルトができるまでの紹介をしていますのでぜひご覧ください。 長年愛用し続けられる皮革製品です。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 ステッチや塗料も手作業で行っている時計ベルトです。 革新性を追求し、常に新しい発想と伝統との調和を図ります。 時計ベルトにカラーのクロコダイルなど、常に新しいことに挑戦を続けます。 オシャレな時計ベルトなら人気のカミーユ・フォルネへ