時計のベルトのそれぞれの特徴を解説します

時計のベルトの種類は大きく分けると革と金属の二つですが、その中からさらに細かく分かれています。使用目的や自分好みのデザインの時計にする為にベルト選びはとても大切です。またベルトを交換することによって一生使っていけるおしゃれアイテムなので現在眠ってしまっているものもベルト交換をして新しいおしゃれを楽しむことをお勧めします。特に革は色のバリエーションや素材が豊富なので時計の近い場所に目に入る指輪、ブレスレット、そして洋服に合わせて様々なおしゃれを楽しむことのできる万能アイテムです。カラーを変えることでまったく違う雰囲気に見せることもできるので新しいものを買うことなく、洋服のように色々な組み合わせを考える楽しみを増やすこともでるので、革だけを買い足すという人もいます。

革の種類や選び方とお手入れ方法

革はカラーバリエーションや素材が豊富なだけでなく、フォーマルなイメージがあるので冠婚葬祭だけでなく、プレゼントにもよく選ばれるアイテムです。ただ夏場など汗をたくさんかく季節にはあまり向いていないので、素材選びとお手入れが重要になってきます。革の素材としては高級感を感じさせてくれるワニ革、手頃な価格で購入できるカーフ、細かい模様と肌触りの良さが人気のパイソンが有名です。そのほかにも牛革よりも長持ちすると言われている馬革があります。こちらの革は長い年月使用していくほど光沢が増すと言われているので革を長く愛用したいと考えている人や革にツヤ感があるものがいいと感じる人に高い人気があります。多くのカラーを楽しみたいという人にはカーフ素材で何色か揃えてその中から自分の好きな色を見つけていくのもお勧めです。お手入れ方法は時計から革部分をはずし、ぬるま湯に30分くらいつけて洗いしっかり乾かすことが大切です。理想としては2日ほど乾かし、専用のクリーナーで拭き、最後に空拭きをすることです。

金属の選び方とそのほかの種類について

金属のほうはほとんどがステンレス製ですが、最近では金属アレルギーの人でも使いやすいと言われているチタン製のものもあります。こちらは汗などの水分に強い素材なのでお手入れはもちろん必要ですが、季節に問わず一年中使うことができます。傷がついてしまうこともありますが、メーカーに依頼するとステンレスを綺麗に磨いてくれるサービスもあります。また普段のお手入れとしては毎日帰宅し外した時に乾いた柔らかい布で拭くとだいぶ持ちが違ってきます。金属の良さはずっしりとした重みを着けた時に感じることができ、重みを楽しみたい男性には高い人気があります。またそのほかの素材として最近はウレタンやナイロンなどもあり、防水が気になるスポーツ時や汚れの付着が気になるアウトドアの時に着けたいという人や素材でバリエーションを豊富に楽しみたいという若い人に高い人気があります。